人気ブログランキング |

ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 01日

愚痴のような戒めのような

e0308246_6372770.jpg


火曜日の夜チクリと胃に違和感。明け方から本格的に胃痛。それに伴い、少しまえから違和感のあった左の腰の痛みも強くなる。
何より睡眠不足が辛く、会社を休む。病院へと思うけれど経験上病院へ行くほどの胃痛でもなく、腰の方が深刻。信頼しているカイロが定休日のため初めての接骨院へ。
左右の歪みもなく、柔軟性もあるので、数回の施術で治るであろうこと、鍼を勧められ腰から脚にかけて初鍼。

痛みはとれないものの、コルセットをしていれば動いたほうが調子が良い。
それよりも何よりも、おかしなくらい頭の中は掃除やら片付けのことでいっぱい。

ひどくしないために結局二日間お休みをしたのだけれど、二日目は結局朝から晩まで片づけをしてしまう。
お風呂のどうしてもトレなかった水垢がサンポール湿布で落ちることをネットで調べ、綺麗にしてみたり。
(綺麗になって感激!)
リビングの出窓下の棚3分の1を整理、壊れたパソコンがいくつか入っていたのだけれど、どうしてこんな便利なところにゴミを!!!!!
リサイクルに出すまでに寝室の押入れにしまっておくことに。他には籐のかごに化粧品や薬などが入っていて、これも取捨選択。
下段にはダンベルや、美容器具。上の段には脚のマッサージ機が治まった。
私のタンスと家族のタンス、すべて出して分類してしまいスッキリ。自分の服以外は今回は捨てず。
完璧な分類をしたので、あとは本人に任せようと思う。
22年前のアロハ、三枚だけ残してあった。(二十枚くらいあったと記憶していたのだけれど、前回の整理の時に捨てさせたらしい)
お洗濯してのりをかけておいたか着たら?と家人様に言うと、
「年をもっととって、海のそばか田舎に引っ越したら着ようと思う」とのこと。壮大な計画すぎる。
このアロハは死ぬまでとっておくということなのだろう。
忘れていたけれど、ヨーロッパに新婚旅行に行くつもりが、逗子マリーナのヨットレースで、タイムリーにハワイ旅行が当たってしまい、皆さんに新婚旅行で使いなさいと言っていただいた。
その時にヨット仲間全員におみやげにしたお揃いのアロハなのだった。
今は生活苦でヨットどころか小さな趣味もままならないけれど、自然の中で遊ぶのが好きな夫にとっては良い時代の良き思い出なのだろう。
それを思うとあまりものを捨てなさいとうるさく言うのはちょっとかわいそうかしらという気持ちになってくる。
人の思い出は大事に大事に。

今回仕舞いこんであるものを、把握することも一つの目的。あと数箇所で全てが終わる。
迷わず捨てられるものは捨てて、シンプルな生活を。
50代になると何かが変わる。
人生の先が見えてくるというのか。
それでもまだまだしたい事がある。
それには一度生活を見なおしてリセットしてシンプルにすることが大事。
シャンプーもリンスも、ボディソープも石鹸も、何もかも家族全員の好みがあって、それこそお風呂もものが溢れているのだけれど、
それでもシンプルに出来るところはシンプルに。
早くスッキリして好きなことを心置きなく楽しみたい。
なぜか最近焦りがあって、、、、、、その原因については、今度別の機会に書こうと思う。

そうそう、腰痛のこと、私が思うに怒りの感情から来ているのだと思う。
過去の腰痛の時もそう。必ずしゃかりきに家事やら片付けやらをしているとなる。
忙しかったり疲れが溜まったり。
ペットボトルやお酒のカラが床に転がっていること。誰も下げないコップや食器。
髪の毛が散らかった洗面所、だしっぱなしのクシやブラシ。
カラコンを開けた瓶がころがっていること。
トイレットペーパーの芯がそのままお手洗いにおいてあること。
出しっぱなし、やりっ放し。
そういった一つ一つを一人で全てしていると、なぜ大人四人でいて、自分の後始末ができないんだろう、と、怒りを伴ったため息一つ。言っても治らない人たち。
言ったら私の落ち度を反撃してくる人たち。
みんな悪気はなくて仲の良い家族だと思うのだけれど、こと後片付けに関しては目も当てられない。
夫にいたっては私が司令塔なのだからあなたが見本とならなければ、誰もついてこないとのたまう。
(つまりあなたがちゃんとしていない、と暗に非難しているわけね)
娘にいたっては注意されると精神状態を崩し家を飛び出てしまったり、息子はやっているよと不機嫌になる。
私にも欠点や落ち度はたくさんあるから、人の事は言えないのだけれど、又主婦として私の仕事だとはわかっていても、糊口を凌ぐために、一日の結構な時間を賃金を得ることに割いているわけで、なぜ、自分の食べたものや出したゴミの後始末ができないのか良くわからない。
子どもたちに関してはきっとおとなになり家庭経営をするようになればするようになると思うのだkれど。
一番は正社員になったら手伝ってやると言った夫が一向に変わらないこと、この言葉は常に私のお腹のなかにどしんど腰を下ろしていて、夫のことを嫌いではないけれど、このコトに関してだけは恨んでいるというか許せない気持ちでいっぱいである。
今回胃痛で夜ウンウン言っていて、腰が痛くて寝込んでいても、朝起きたら食器はさげてあったものの、洗い物の山、それを見て私は大きな怒りを抱える。でも出してもしかたがないので、ため息をついて怒りを飲み込む。これが今の私の一番のストレス。

もしかしたら、今体調が悪いのに片付けのことで頭がいっぱいなのは、夫に司令塔になれ、と言われた言葉に対して、それならなってやろうじゃないのよ、という気持ちになっているのかも。
稼いで、家事もある程度はきっちり、私は夫を乗り越えてやるというそんな感情。
協力者ではなくて、私はあなたより優れていると証明したいようなそんな思い。
結局それは夫に感情的に依存しているわけで、、、、、、ああ、馬鹿馬鹿しい。
家庭の中で自分の力や能力を認めさせたいなんて思うことは愚か。
家族が気持ちよく暮らせる為にというのが家事の目的なのに。
でも一人で忙しくしていると、自分の時間が搾取されているような気分になってくるのだ。

いずれにしても、あと少し頑張れば、狭い家だけれどある程度良い状態に保つことができる。
私は自己愛が強い人間なのだから、もう自分の為に家を綺麗にするし家事もする。
すべて自分の為。
それでも本当に疲れた時は休む。ごめんね、ママ疲れちゃった!と言えばわかってくれる家族。
私が何もしなくても文句は言わない、ある意味ルーズだから優しいところもある家族。
愚痴愚痴日記だけれど、書いているうちに、生活していくってこんなものかなって思えてくる。
こうして文字にして外に吐き出すこと、きっと今の私には必要。

そうそう、でもこの家にゴミを持ち込んだのは結局は私。私の買い物グセ、物を管理できないという性格、脳みそ、これが一番の問題かも。買うときは熟慮の上を心がけないと。

はあ、気持ちを立て直して頑張ります。
腰痛と胃痛早くよくなりますように。

by nekototorito | 2013-06-01 06:58 | 淡々と日々のこと | Comments(0)