ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 04日

激動の、、、、、、、、

e0308246_01094102.jpg

美しい猫の木彫りの作品
スレンダーな猫さんの全ての善きところが表現されていて美しい。
大好きな作品。作家さん。

でも実際の猫様は食べて飲んで排泄して。
怖ければ牙を剥くし、ひっかく。
全く思い通りになんてならない。

でもそれはいろんなことがあったからで、何もなければこんな無垢な木彫りの猫さん。

無垢な美しさ、可愛らしさもいいけれど、
いろんなことがあって傷ついて、威嚇する子たちも愛おしい。
そんな子たちだから愛おしい。

皆多かれ少なかれそんな部分があるんだと思う。
怖かったこと、傷ついたこと、悲しかったこと。

この小さな人たちに、大丈夫だよ、こわくないよ、、、と接して上げること。
それはきっと自分の中のそういう部分を癒やしてるのかもしれない。








突然突然、、、、、、
家の近く、毎日通るところの工事現場で、、、、、
塀の下から顔を覗かせて、吐瀉物を夢中で食べている猫ちゃんを発見。
あまりのことに、どうしようと思いながら家に帰り。
いけないことと思いつつひとまず酔っぱらいの吐瀉物は良くないと、少しだけカリカリを置いていった。
数時間後に子どもたちと見に行って。
人通りが多くて数人の人が興味を持ってくださった。
チュールでおびき寄せる人、果敢にも工事現場に入っていく人。
いろんなあたたかさがあったのだけれど、結局猫をこわがらせてしまうという事に気がついて。

次の日に、子どもたちがやろう!と賛同してくれて子猫さんの捕獲をすることに決める。
幸いにも朝いちで連絡をしたらうちの猫さんのかかりつけの動物病院で貸してくださった。
昼間はカンカン照りの工事現場。
夜を待って、、、、、捕獲作戦。
近くの交番にもお話をして。すぐ近くの猫居酒屋さんにもお話をして。

夜の11時から朝の4時までかかって、いくつかアクシデントありつつ、3ニャン確保。
とてもすむーずだったと思う。
(まさかの3ニャンを捕獲した後に、、、4匹目とか、お母さん猫とかいたら、、、と思ってもう一度捕獲器をかけて、、、、
朝6時に見に行って何もかかっていなかった時の安堵といったら、、、、、)

初めてのことでわからないことばかり。
自分が猫好きなんていうのが恥ずかしくなるような保護活動をしていらしゃる方や動物病院の先生たちのお知恵をたくさん頂いて。
捕獲ケージを見て、温かいメッセージをくださった方もいて。
警察の人も猫居酒屋の人もとても親切で協力してくださいました。
愛や人情を感じることってなかなか無いのに、、、、、、
猫さんたちを心配してハクハクしながらも温かい気持ちに包まれました。

捕獲してからもいろんな顛末があったのですが!
それはまた機会があったらおいおい、、、、、、

我が家は狭い家に神経質な先住猫2匹、コザクラインコ、
それに間質性肺炎の疾患を持つ85才の義母もおりますのでこれ以上猫を増やすことは難しく、、、、、、、
なんとか、人様の愛とご縁にすがって、3にゃんの里親を探したいと思います。

病院の検査やシャンプーなども終わりましたが、何しろ家に迎えるのにごたごたで、、、、、
どうなりますことやら、、、、、、

見守っていてくださいませ。



[PR]

by nekototorito | 2017-09-04 22:28 | 子猫を保護、里親への道


<< あん、どぅ、とろわ君      週末もあっという間 >>