ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 20日

あなたこそ我が家

e0308246_07484001.jpg




結婚してから子育て期、現実にどっぷりつかって、現実だけで幸せで、そんな時に離れていた宝塚。

50才になってから、ロマンチックが足りないとばかりに又観るようになって。

娘のような年の生徒さんたちだけれど、それぞれの成長が楽しみでもあるし、日々の生活に欠かせない宝塚。


エリザベートとスカーレット・ピンパーネルは観ていない時の作品。

エリザは私が観るようになってから2組で公演されていて、その世界にはまり楽しみ。

そして今度星組さんでスカピン。


録画してあった初演をスカピンを何度も見ている。

安蘭けいさんと遠野あすかさんのお二人が大人っぽくて落ち着いていてお歌がうまくて眼福でもあるという、、、、

ああ、どうして生の舞台を観られなかったのか悔やまれる。


これも出会いというものなのだろうけれど。


中でも結婚式のシーンの歌がもう大好き。

好きで好きで仕方がない。

曲がお届けできなくて残念。


これこそロマンチック・ラブ!

二十年後には、エリザベートの「夜のボート」のようになるとはわかってはいても!

わかっているからこそ、この結婚式の「あなたこそ我が家」は素敵なの!


パーシー

今日から君が全て ありのままの君を

この胸に抱きしめよう

一緒に年をとろう

マルグリット

約束しますあなたと 未来を分かち合う

この命の限り

求め合い 睦み合う

ふたり

あなたこそ 我が家だ(よ)

世界でひとり 信じている

もう離れない あなたのそばから

パーシー

神よ 生まれたばかりの夫婦に

ふたり

祝福与えたまえ

マルグリット

あなたこそ

ふたり

我が家だ(よ)

世界でひとり 信じている

もう離れない あなたのそばから

あなたこそ

我が家だ(よ)

安蘭けいスカピン に対する画像結果


あと二十日ほどで今の星組の新しいスカーレット・ピンパーネルの舞台が始まります。

これも東上をたのしみに。


安蘭けいさんが好きすぎて、こんな本も読みました。

Aran

安蘭 けい/講談社

undefined


今の生徒さんはワチャワチャしているというのか、スカイステージなどのトークが必要なこともあり、それはそれで楽しくて良いのですが、大人で落ち着いていて浮ついていないという存在の良さを感じる文章の中身でした。



[PR]

by nekototorito | 2017-02-20 07:18 | 舞台


<< 「沈黙」      ぎっくり腰でした! >>