ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 13日

上高地へ

e0308246_11094760.jpeg








突然思いたち、予てから訪れたいと思っていた上高地へ行ってきました。
山の日が今年設定されたことも前日に知った私。
その日には皇太子ご一家がセレモニーに出席されていたのですね。


利用したのはバス旅行。
夜の11時に新宿発。途中で30分とか1時間とかの休憩を挟みながら沢渡からシャトルバスに乗り換え、私は大正池で降りることを選択。
この時間が5時10分でした。
3時まで自由時間。
かじんさんと一緒に行く予定が幾つかの不運、失敗が重なり一人で行くことに。
この長時間一人で過ごすのには歩くしか無い、、、、ひたすら歩きました。
大正池→田代池→田代橋→ウエストン碑→河童橋→(左岸)明神池→徳沢→(右岸)明神池→河童橋→バスターミナル
おおよそトータルで17キロほど。
河童橋までは写真を撮ったりと余裕があったのですが、その後一人でただただひたすら歩く。
一人なので長時間を潰すには歩くしか無い!
今思えばほとんど寝ていない(バスの中では目はつぶっていたけれど眠った感覚はほとんどありませんでしたから)サンドイッチ二切れくらいしか食べていない状況で歩いていたのがいけなかったのか、すねが攣ってしまって。
その時は鍛え方が足りない!と思っていたのですが、今思うと栄養が足りていなかったのかもしれません。
徳沢でソフトクリームを食べたらすねの攣りが治りましたから。
早朝で人も少なく、場所によっては一人になってしまい、猿の登場に心臓が止まりそうになったり熊がでたらどうしようなんて考えながら、ひたすらひたすら歩きました。

上高地でのキャンプが憧れ、二箇所ほどあるキャンプ場を視察。オートキャンプしかしたことがなく、全てを担いていくキャンプ場。でも夏なら行けるのでは?と思いましたが、夏でも夜は気温が低い。羽毛の寝袋が必要のこと。うちには普通の綿の寝袋しかなく、一人用のテントと寝袋に投資しなければだめ。一式かりたら6千円くらい。それなら安い宿に泊まったほうが現実的なよう、、、、、憧れは現実の前に夢と消えて。

小さなお子さんがいてもキャンプ!
お父さんが小さな子をしょって、その下に装備もしょって。子供ももちろん、お母さんも銀マット2つくらい装備にたずさえて。
しりとりなどをしながらひたすら歩くファミリーがいて、すごいなあお父さん!そんなかっこいいご家族を見られたことも楽しい時間でした。


五千尺ホテルにランチを予約していて、13時までには河童橋に戻らなければならず、うっかり考え違いをしていて、明神池をゆっくり見ることができず景色も見る余裕もなくたった3.7キロも道のりがどれほど遠かったことか。ジャスト13時に到着してほっと。
ランチはちょっと贅沢で、夫もいないしキャンセルしようかとも思ったのですが、キャンセルせず正解。
午後の河童橋は人でごった返していて、ゆっくり食事ができる感じではありません。
ホテルの2階に上がったら、広い空間に松本の家具。
ゆったりゆっくり避暑地のホテルのレストラン!
ああ、キャンセルしないでよかった!!!!

e0308246_11562868.jpeg

サラダは普通。一番おすすめはビーフシチューのようですが、こってりしているのが苦手なので魚介のスープ仕立てを選択。
もちろん美味。パンも美味。
一番美味しかったのはコーヒーかも。ちょっと感激する美味しさのコーヒーでした。
おかわりしたかった、、、、、

ここで一時間ほどゆったりとした避暑地の雰囲気を味わって、帰りのバスに乗り込みました。
帰りは渋滞は避けられず3時にバスターミナルをでて新宿に着いたのは8時半。
疲労感は否めませんが、交通費が保険料も入れて12000円ほど。
帰りのシャトルバスは沢山バスはあるものの長蛇の列で乗り込むのにはとても時間がかかりそう。
ツアーだと2時45分に集合して点呼して全員が揃ったらすぐにバスに乗れて出発でしたから、とても楽に感じます。

季節を変えて又行きたい!
一人で長時間の旅ができることがわかったので、バス旅行でハイキング、マイブームになりそうです。

写真がレンズが今景色を撮るのに合わないので、良い写真はとれず。
iPhoneばかりとなってしまいましたが、少しづつアップします。


[PR]

by nekototorito | 2016-08-13 12:19 | お散歩


<< 早朝の大正池      来年こそは >>