ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 08日

うなぎ

やっ古さんにおじゃましました。

なんの知識も持たずお呼ばれしましたが、漱石や久保田万太郎、ジョン万次郎などのエッセイなどにも登場する老舗店とのことです。

e0308246_1045799.jpg
e0308246_1043883.jpg
e0308246_1041969.jpg

(写真が部分的でごめんなさい!)

内装は昭和レトロ調とでもいいますか、華美ではない懐かしさを感じさせる洋風の内装。
テーブルもゆったりしており、椅子が大きくとても座りやすくゆったりとお食事がいただけます。

お料理は季節のコース料理をセレクトしていただきました。
突き出し三種類、松茸とホタテとエビのバター焼き、小さいうな重、アイスクリームでした。
(バター焼き、安い松茸が手に入った時か、きのこの美味しものが出てきた時に家でもしてみようと思いました。)

e0308246_1053022.jpg


うなぎも小さいものが用意されているのは嬉しいですね。
白ワインもあっさりとしたお味で鰻にあっておりました。

うなぎの味としては、私は麹町の秋本が上、、、と思いますが、お店の雰囲気や居心地はこちらのお店とても素敵だと思います。
がっつり鰻を、、、というより、女性やお年寄りがゆったり鰻を楽しめるお店です。


***************************************

鰻といえば、小学生の頃、お墓の掃除を祖父か祖母と行った折に、鎌倉の宮川でうな重を必ずごちそうになったことを思い出します。
家では鰻など食べたことがありませんでしたけれど、孫がお墓掃除に行ってくれるのが嬉しかったのでしょう。
母との齟齬で悲しい思い出も多い子供時代でしたけれど、可愛がってもらった思い出の一つ、
つい昨日のことのようにそんな時間を思い出しました。
[PR]

by nekototorito | 2013-09-08 10:26


<< 動物に餌をやってはいけません、...      グリーンカーテンもそろそろ店じまい >>