ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 30日

猫さんの皮膚病と二匹目の猫さんへの道 2

うちに来たばかりの頃の猫さん。

e0308246_1248578.jpg



少し前から右目の上の毛が薄くなってきたのが気になっていた。
昨日息子よりラインで猫さんが怪我をしている!と連絡が。
まさにその部分。それは怪我ではなくて皮膚病かもしれないので帰ったら病院に連れて行く旨の連絡。

帰ってきたら更に広がっていて。
自転車の後ろにのせて病院へ。
ナオンナオン、大声で無く子に言葉かけつつ疾走。

お医者様によると、ダニかノミかアレルギー。原因の特定は難しいとのこと。
先月からフロントラインをひと月に一度していることを話すと、ダニノミの可能性は薄いのでアレルギーの可能性があるという。
消炎剤など二種類のお薬を頂いて様子を見ることに。
今お気に入りのご飯があるのだけれど、繰り返すようならご飯をアレルギー対策のものに変えることになるだろう。

クスリは錠剤。お医者様は、本当は口を開けて飲ませるのが良いのだけれど難しいようならご飯に混ぜてとおっしゃる。
カリカリしか食べない子なので、息子に柔らかいチュルンとしたご飯を買ってきてもらう。
が、やはり少しは食べるけれど無理な様子。

娘が口をあけ私が放り込むことに!
入れても吐き出しちゃうこと数回!
10回ほどトライして、やっと二錠飲ませることに成功。
夫と息子がしたらきっと血まみれ。
私と娘だと抵抗はするが、不思議と爪も歯も立てなかった。
傷のひとつやふたつ、覚悟していたのに、この子も大人になったものだと愛おしさ倍増。
朝雨あられと褒め言葉を。

二匹目を迎える一歩を実は踏み出していて。
それが伝わりストレスを感じて皮膚病になったのでは?????という心配を医師に告げると、
それは大丈夫ということ。
二匹目を考えているなら家の里親カフェの猫を!とお話があった。
実は三日前に見に行っていて。
どうもそこのスタッフさんの対応が私にはいまひとつ、、、、、
譲りたいという意志を感じなくて。
また私が気に入った子は兄弟で貰ってくれる人前提だったり、この子は?と聞くとこの子は気が強いからとか色々言われて、やはり無理かしらとトボトボ帰ってきたのだった。
もし病院が先で先生から薦められたのが先立ったらこちらの猫ちゃんになっていたのかもしれない。
縁とはそういうものなのかも。


今の猫さんとの相性が心配なものの、迷う自分に疲れてお迎えすることに決めた。
実は本当に一生面倒見られるかどうか、自問自答している私がいる。
子供を持つときには何の葛藤もなく未来を信じられたというのに。
考えると不思議なことである。
若かったということであろうか。

案ずるより産むが易し。
この言葉を言い聞かせている。
[PR]

by nekototorito | 2013-08-30 12:48 | 猫さん鳥さん | Comments(0)
2013年 08月 30日

二匹目の猫ちゃんお迎えへの道 1

e0308246_12451231.jpg

今の私の脳内は猫猫猫!
昔から我が猫のことを好きで仕方がなかったのに、それをあまり書いていないことに驚く。
ツイッターやFBであげていたことが多かったのだと思う。
後から見直すのにツイッターやFBはなにかちょっと違っていて。
後で読み返すのにはやはりブログが一番。
これからは猫さんのこと、鳥さんのことを記録していこうと思う。
写真も沢山残して置きたい。

少し前から二匹目をお迎えしたくてウズウズしている。
今まで猫さんというのは自然に家庭にやってくるものだった。
実家でも3匹飼っていたけれど、最初は見た目がシャムの妊娠している猫ちゃんがふらっとうちに住み着いてしまったから。そのあと生まれた子と三匹暮らしていた。
今考えると室内飼いではないし、病院に行ったのも避妊手術の時と、野良猫に追いかけられて黒猫ちゃん(女の子なのに光秀という名前)が骨盤を骨折した時にかかったくらい。それでも皆そこそこ長生きし最後は飲まず食わずで眠るように衰えて天国へ行ったのだった。
もちろん悲しいのだけれど、猫と人間に距離があるというのだろうか。
天命を全うしたよね、、、という感情が強く悲嘆に暮れるという感情がなかったように思う。

そして今四年前に娘の友人が拾った猫が家に来ることになった。
そして今もうこの子なしでは生きていけない、、、、くらいの存在になっている。
一日に何度も彼女のことを思い、綺麗だね、可愛いね、という言葉を一日に何度も口にする。
実家で子供の頃に飼っていた猫たちと明らかに違う存在。
でも果たしてこれは良いことなのかどうか。
7月8月と二匹目の猫ちゃんを求めて繁殖家や里親制度の方などとも交流があったけれど、そこで色々思うことがあった。
動物愛護の精神はもちろんなければならないし、動物を飼うということに責任を持たなければならないのだけれど、少し間違えると行き過ぎた感じもあり。
私が子供を持つ時に(意志をもって欲しいと思った時に授かったので)自分が生涯この子に責任が持てるかとか、重大な病気になった時に治療費を捻出できるかとか、そんなことを考えて子供を作ったわけではないので(表現が良くないけれどここではあえて作る、、、という表現にする。授かったといいたいけれど、意志を感じさせる言葉として作る、、を採用します)今回意志を持って猫を迎えるのにあたり、様々なネット上の保護活動や、キャッテリーさんの方たちの文章などを読んで、ううむ、、、と唸ってしまったのである。

血統書付きの猫さんを繁殖していらっしゃる私が接触した方はとてもエリート意識の強い人であったし、私は貧乏人であるので里親をと思うのだけれどこれがまた上手く行かなくて。
選ぶということがとても大変。選ぶとなるとやはり美しい猫を私は求めてしまうのだ。
何故美しい猫を求めるのか、自分が不細工だから美しいものを求めるのか?いやいや、普通だれでも綺麗なものは好きだし、、、、。
今居る猫さんは親の欲目かもしれないが美猫である。夫など私が色々写真を見せても、うちのこほどの美人さんはなかなかいない、、、と悦に入っている。
でもこの子が綺麗だから引き取ったのではなくて、捨て猫貰って欲しい、、、ほいほい、家も猫が欲しいからぜひぜひ!と写真も見ずにやってきたのが結果的に綺麗な猫だったということで。
選ぶということがこんなに難しいことだとは!
命あるものを選ぶというのは、差別する、区別するということで、、、、これまた中々気が進まない作業であって。
かといって共に十数年暮らすであろう子にはやはり可愛いとか何か惹かれるものが無くて動けなくて。
そんなことを行ったり来たりだらだらと考えあぐねるこの二ヶ月間だった。


命あるものと共に暮らすという選択はもちろんもちろん、責任が伴うけれど、考えすぎては何も始まらない。
考えるとしたらここで諦めるか先に進むかである。
猫さんももう四歳、年齢による柔軟性を考えてもぎりぎりと思う。

先住猫となる猫さんにとって、私の二匹目願望は迷惑以外のものではないだろう。
それもわかっていて、それでもキッパリと二匹目を諦めることができないでいる。
[PR]

by nekototorito | 2013-08-30 12:45 | 猫さん鳥さん | Comments(0)
2013年 08月 28日

鬱々

ずっとフラットな感じで生活していたのですが、まさかの鬱々。
書いていたブログもくだらない!っと感じてしまい隠してしまいました。
時に何かを書きたい欲求がでるのですが、時にそれがくだらなく感じるという。

精神状態が悪いというよりも、疲れが抜けない感じです。
いや、それはちょっとかっこつけてますね。
精神状態を悪くしたくないので見ないふりをして生活をしている。
それが疲れに繋がっている、、、、、そんな感じです。
決めたことを頑張れない感じとでもいうのか。
しなければ、と思うことを全く行動に移せません。
家事もご飯の支度もおさぼりを決め込んでいます。
「活き活きと生活をするわたし」でいたくてもなかなか難しいですね。

こんなにジムにも行けないのであれば会費がもったいないのでやめたほうが良いのですが、
ずっと運動をしてきたのでそれも怖くてできません。
それにしてもどうしてこんなにジムに行けないのでしょうね。
理由は以前は何を置いてもジム!だったのが今はどちらかというと家庭を優先しているからなのかもしれません。仕事帰りにジムに寄ると疲れてまともなご飯作れませんし、、、
夕食後にジムへ行くというのは体力的にちょっと(夜興奮して眠ることができなくなります)
一番は物足りなくても一時間だけ短時間集中でトレーニングをするということです。
これなら私の健康にも良く家庭への負担もないのですから。
途中で帰ってもいいから、一時間はジムに週に3日は寄る!
まずはこんなことから始めましょうか。

ジム通い放題の専業主婦奥様とか、家庭のことはしなくていいおじさまたちとか、羨ましいなあと横目で眺めながら、、、、、
貧乏暇なしの私は、羨ましいという感情をぐっと堪えて自分ができることに勤しむことにいたしましょう。
人を羨むことは下品ですから。
ジムは美への道ではなく、老化防止の必須アイテムだと心して。
気を取り直して、自分の健康のためにジム通い諦めず再チャレンジ致します。
[PR]

by nekototorito | 2013-08-28 06:39 | 淡々と日々のこと | Comments(0)
2013年 08月 22日

近況報告

すっかりブログから遠ざかっております。
元気にしております。
夏は猫騒動やら、娘の喘息やら、色々なことがあり、何かを発信するという気持ちになれませんでした。
本来の私らしくないのですが、40代に比べ、地に脚がついてきたと言えるのかもしれません。
40代にもなって少女のようにふわふわした私も悪くはありませんが、現実的な年齢相応の女性になることは必要なことなのでしょう。
現実的な内容のブログにシフトしてしまいそう。
あまり体裁を整えず自由な気持ちで綴って行きたいと思います。
ツマラナイブログですが読んでくださってありがとうございます。
[PR]

by nekototorito | 2013-08-22 06:21 | 淡々と日々のこと | Comments(0)
2013年 08月 22日

オリゴ

e0308246_10205586.jpg


『オリゴのおかげ』モニプラ支店ファンサイト参加中

こちら試させていただきました。
以前購入したことがあるように記憶していますが、いただいたほうがしっかり続けられますね。
不思議なものです。使命感とでもいうのでしょうか。

お腹の調子が順調ではない私。夫に食べるのにも出すのにもお金がかかる!と言われております。
飲んで二日目くらいになんとなく自然な感じに!
そして味もほのかな甘さで美味しいですし、お砂糖の代わりに使う健康食品として、これはあり!と自分でも購入したいと思います。
お試しありがとうございました。

おかげさまオンラインショップ
[PR]

by nekototorito | 2013-08-22 05:11 | Comments(0)