ヒビノヒトコマ

rihoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 01日

2013.3.1  時々悪寒 億劫

e0308246_12373486.jpg


日数が思いの他あいてしまった。
今日から三月、濃厚な春の気配。

ここのところ体調の変化を感じる。疲れやすく、何しろやる気がでない。
睡眠の質が悪く、体がだるくて仕方ない。
火曜日朝には突然の悪寒でインフルエンザになったかと思い会社を休んでしまったが、疲労感はあるものの、
風邪ではなかった。
そして又昨日の夜にも似たような症状。これも更年期に起こる自律神経の狂いのせいなのかもしれない。
自然な生物としての衰えということをはっきり感じる時期、自分を大事に、そして生活態度に養生が必要なのだと思う。
と書いていて、考えることと、実際は違うのだともいうこともわかっていて。どうにもやる気がでない時は養生もなにもないのだろうな、、、ということもうっすら感じている。
一番良いのは肩肘はらずにまあできることを出来るときにということだろうか。
明らかな体重増加があり、これも又今の食事の量では多すぎるということ、少しだけ食事を減らすことを心がけようと思う。ダイエットなどこの意志も気力も体力も何もかも低下している時にできるわけがない。
それでも3月中に三キロは落としたい、、、、、と欲を抱えているのであるけれど(苦笑)

今日は朝全て投げ打ちヨガへ。一時間のレッスン。先生がとてもとても良いというのに、出れば来てよかったと思うのに、なかなか朝起きることができなくて。6時半過ぎに家をでることができそうでできない。
今日行けたのは寒さが緩んだから。
久しぶりのヨガは素晴らしい気分にさせてくれた。やはりやはり週二二回の朝ヨガ、なんとしてでもでたいもの。
チャトランガの繰り返しがきつい。体重増加と少し腕の力が落ちているのかもしれない。
又年末から続く右腕の上のほうの痛み、これもとれない。
一度病院に行くべきか迷っている。
今の気分は何よりもヨガだなあと思う。良いレッスンがないので、朝のヨガなんとしてでも、、、、と思うが言うは易し、行うは難し。

圧力鍋で鳥ウイングとゆで卵を圧力鍋で。
鳥肉を焼き付けてから、
酢、醤油、酒。水1カップ 砂糖2/1カップ 生姜少々 圧力鍋で10分煮るだけ。
大根があったので大根もいれたのだけれど、酢が大根だけとても効いてしまって、失敗。
鶏肉はほろほろになって、酢でさっぱりしていて美味しかったのだけれど、大根が酸っぱいのはいただけない。
他には豚肉ともやしのにんにく醤油で炒めたもの、なんだか茶色い冴えない食卓になってしまった。
最近時間節約でまとめてネットスーパーで食材を買うことが多い。メニューを決めてという計画的なことができない脳みその持ち主なので、適当に購入し適当に組み合わせる。
今は食材をだめにしないことだけを目標とするなんともまあ、、、なベテラン主婦の私。

昨年夫が脚を手術し二週間ほど家庭で療養していた。その時に私が新婚の頃に使っていた小林かつよさんの料理本を引っ張り出してきて、きっちり本を見ながら食事を夫が作ってくれた。
とてもとても美味しい。夫はこの経験で料理をちゃんとすると時間もお金がかかることに驚いたと。
そう、、、、忙しい兼業主婦は時間との戦い。かくして、我が家の食卓はいつもキャンプ料理のような、簡単!早い!だけが取り柄の料理になってしまう。
時に落ち着いて母達のような、手のかかった家庭料理も作れるようになりたいものだけれど。

食事話題で、友人が鯖の醤油煮を作ったという。煮魚はあまり好きではなくて調理しないのだけれど、急に鯖が食べたくなる。美味しいしめ鯖とか!
でもそれはちょっと贅沢なので、そうそう、鯖缶!鯖缶が食べたい!と急に鯖の缶詰を思い出す。
週末は鯖の缶詰で何か作って見よう。
今新玉ねぎが出はじめたから結局、鯖缶に玉ねぎスライス載せただけになる可能性大。
なんてったって、基本キャンプ料理になってしまうわたしなのだから。


****************************************

今週になって読んだ本たち

ララピポ (幻冬舎文庫)

奥田 英朗 / 幻冬舎



奥田さん、ばかばかしいのに筆力有り、笑えるので好きな作家さん。
ちょっと長編につかれて笑いたかったのでチョイス。

エロがエロティシズムやエロティックの短縮形なら、エロのかけらもない世界。現実への不満やいらだちを単純な欲望でごまかして生きる愚かな人たちの物語。
笑えるけれど笑えない、今の日本にはこういう世界が蔓延している気もする。
そういう意味ではタイトルにも作者の風刺が効いている。

天使の囀り (角川ホラー文庫)

貴志 祐介 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



久しぶりに読むジャンル。
期待通りの気持ち悪さ、恐ろしさ。
映像化絶対反対。
小説だからこそぎりぎりこの気持ち悪さを愛で堪能する楽しさ。
虫嫌いの人は絶対に手に取らぬほうがよろしいかと。
目黒の寄生虫博物館、絶対にこの本読んだら脚を踏み入れることできません。


歯車

芥川 竜之介 /



数十年ぶりに「歯車」どうにもこの世界についていけず、頭がぐらぐらして気分が悪くなり途中で書を閉じる。

by nekototorito | 2013-03-01 00:00 | Comments(0)